ネット広告代理店から事業会社のマーケティングマネージャーへ転職

診断士デジタルマーケターの転職体験談

スポンサードリンク

中小企業診断士の有資格者や診断士勉強中の方への転職体験談をご紹介します。
初回は中小企業診断士試験受験中で、インターネット広告代理店のマーケターから事業会社のマーケティングマネージャーへと転職したKさんをご紹介します。

プロフィール

  • No.0001 Kさん
  • 年齢:20代前半
  • 資格の有無:受験中
  • 勤務地:東京都内
  • 前職:インターネット広告代理店のSEO・SEM,コンテンツマーケティング,アプリマーケティングのコンサルティング
  • 現職:アパレル系EC企業でのマーケティングマネージャー

中小企業診断士受験のきっかけ

自分の場合、自営業の父の仕事を間近で見てきた事から、自分も会社を経営したい、中小企業の支援をしたい、という気持ちが幼少期からありました。
そのため、大学は経営学部に進み、最初は税理士を目指して簿記1級の勉強までしていたのですが、「会計に詳しくなっても中小企業を助ける事は難しいのではないか?」という考えが出てくるようになります。実際、税理士さんは地方にもたくさんいますが、売上が伸びず倒産に追い込まれる中小企業はたくさんいます。会計や節税の知識はなくてはならないものですが、それ以上に売上を伸ばす事が出来なければいけないだろうと。そこで見つけたのが中小企業診断士という資格でした。この資格ならマーケティングはもちろん、経営戦略や組織論といった経営学の基礎から、生産管理、店舗管理、法律やITなど、中小企業の支援に必要な知識を一通り学べると考え受験しました。

前職に入社した理由・きっかけ

前職はデジタルマーケティングのコンサルティング会社で、特にSEOのコンサルティングに従事していました。自分の調べた限りでは、中小企業診断士は金融機関やメーカー出身の人が多く、ITやマーケティングの専門家出身の人が少ないため、診断士として独立した際に差別化できると考えた事、SEOはお金のかからないマーケティング手法であり、中小企業支援に有効だろうと感じ入社しました。

転職の理由・きっかけ

最大の理由はビジネスとしてコンサルティングサービスを提供する会社と、自分の考えるコンサルティングサービスにギャップを感じた事です。大小、業種問わず100社以上の企業に提案を行ってきましたが、会社としては「報酬が高い企業には時間をかけ、報酬の少ない企業には余り時間をかけずに提案書を作る」という方針があるように感じました。しかし、報酬の少ない、小規模の企業様の方が、売上を上げたいという気持ちは非常に強く感じられ、自分はそのような企業様にこそコンサルティングサービスを提供したいと考えています。もちろんコンサルティングサービスの提供も一ビジネスですので、会社の考えは当たり前であるのですが、このまま働き続けるのも精神的にしんどくなり、自分が事業会社のマーケターとして、内部から自社のサービスを拡大していく仕事を担いたいと考え転職を決意しました。

中小企業診断士の資格は転職に活きるか

中小企業診断士の資格を勉強しているから、もっているから転職に有利ということはほとんどないでしょう。
ただし勉強をした事で仕事で成果を出せていると感じられる部分は多々あります。

スポンサードリンク

中小企業診断士の資格が仕事に活きる点

中小企業診断士の勉強のうち、特に2次試験の勉強は転職先で非常に役に立っています。例えば経営戦略のフレームワークにSWOT分析や、マーケティングのフレームワークに4P分析等がありますが、2次試験の学習をするまでは知って入るものの具体的に活用したことがなかったため、特に気にしていませんでした。ところが、2次試験の学習をすると、いやでもこういったフレームワークを何度も何度も使う事になります。おかげで現在いる企業の強み、弱み、機会、脅威などを洗い出し今後進むべき戦略を入社後早期に作る事ができ、自社を正しい方向に導けていると考えています。

利用した転職エージェントの感想

自分の場合、転職エージェントは合計3社利用しました。実際には2社は説明を受けたのみで、応募をする為に利用したのは1社です。

IT・WEB業界専門転職エージェントのレバテックキャリア

前職での経験を生かせるWEBサービスのマーケティング職を希望していたので、IT、WEB業界に強いレバテックキャリアさんを利用させて頂きました。
転職エージェントの利用経験は初めてだったのですが、転職エージェントの仕組みから説明頂き、すぐに求人をご提案頂けたのでスムーズに進める事ができました。求人はやはりIT、WEB業界のものが多く、管理職クラスの求人も多かった印象です。


元WEB業界専門、現在は総合型の転職エージェントワークポート

ワークポートは元々IT、WEB業界専門の転職エージェントだったのですが、現在は求人数が業界最大クラスにまで増え、総合型の転職エージェントサービスを提供しています。WEB業界の転職を希望していましたが、他業界のマーケティング職種や管理系職種のご紹介も頂け、視野が広がりました。いつも丁寧にご連絡頂け、ちょっとした悩みもメールで連絡すると返事を頂けたので助かりました。


転職エージェントは必要?

結論からいうと、転職をするなら絶対転職エージェントを使った方がいいと思います。
中小企業診断士の資格を持っている方や現在勉強中の方は、毎日非常に忙しい日々を送っているのではないかと思いますが、企業を1社1社調べ、企業毎に履歴書や職務経歴書を出し、先方担当と連絡を取るということは至難の業です。
特別な理由が無い限り、まずは転職エージェントに無料相談に行ってみると良いかと思います。


スポンサードリンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

コンサル案件最大級!転職エージェントサイト

ランキング記事1

ページ上部へ戻る