金融機関投資部門から公的機関の政策立案部門へ転職した中小企業診断士の体験談

金融機関投資部門から公的機関への転職

スポンサードリンク

プロフィール

・名前:S
・年齢:30代
・資格の有無:有
・前職:金融機関(投資部門)
・現職:公的機関 (政策立案部門 → 人事部門)

2.転職を決意した理由

 前職は金融機関の投資部門に所属し、中小・中堅企業、ベンチャー企業への投資を担当していました。具体的な業務内容は、投資案件の開拓、デューデリジェンス、投資実行や経営支援などです。
 仕事自体はとても刺激があり面白かったのですが、主に2つの理由で転職を決意しました。
 1つ目の理由は、組織としても個人としても非常に短期的な志向で仕事をすることが求められ、この点が私と合わなかったためです。具体的には、投資資金をファンドから調達していたため、企業への投資実行から企業価値の向上、投資資金の回収までを数年で行う必要がありました。
 2つ目の理由は、業界として好不況の波が激しく、一生この仕事を続けるのかと考えた時に、30歳代に入った時期に新しい仕事をしたいという気持ちが強くなったためです。

3.転職の方向性

 金融機関の在職時に、私は中小企業診断士の2次試験に合格していました(登録はこの時点でまだしていませんでした)。この中小企業診断士の資格とこれまでの実務経験を踏まえて、私は転職活動において二つの方向性を持っていました。
 1つ目は、企業の経営企画部門を目指すというものです。経営戦略や中長期計画の策定、事業拡大のためのM&Aなどは診断士の資格や金融機関での経験を活かすことができ、転職を決意した理由にも合っていると考えました。
 もう1つは、公的機関で産業政策の仕事を目指すというものです。前職では、投資という側面で中堅・中小企業、ベンチャー企業に関わりましたが、公的立場からそれらの企業のための政策立案に携わりたいという気持ちがありました。

スポンサードリンク

4.転職活動(経営企画部門)

 転職活動では、企業の経営企画部門と公的機関とでは、選考方法も準備も大きく異なりました。
 経営企画部門への転職活動は、通常の民間企業の中途採用と基本的に同じです。転職エージェントに登録をして、希望に合った会社に経歴書等を送り、面接を受けるという流れです。私は仕事内容として経営企画部門に絞りましたが、企業の業種は幅広く検討しました。
 エージェントから紹介された企業については、経歴書を送る前に、長く働くことができる会社かどうかを判断するため、企業分析を行い、経営戦略や財務状況などをチェックしました。上場企業の場合はIR情報をチェックし、未上場企業の場合は帝国データバンク等の情報を入手しました。この時、診断士受験で学んだ知識はとても役に立ちました。
 書類選考はかなりの確率で通過しました。診断士については登録前ではありましたが、2次試験に合格したことを経歴書に記載していたので、この点も評価されたと思います。
 面接では、診断士の試験合格についてはあまりアピールしないように意識し、これまでの実務経験やこれから入社してやりたい仕事と関連させて、診断士の知識を活かしたいという話をしていきました。
 結果として、3社最終面接に進み、その内1社から内定を頂きました。

5.転職活動(公的機関)

 公的機関への転職活動は、原則的に採用試験を受けることになります。産業政策に関わる公的機関の採用募集の情報を大手転職情報サイトで見つけ、採用試験を受けました。
 試験内容は、筆記試験と面接試験が2回ありました。筆記試験は、一般教養試験と面接試験でしたが、対策として公務員試験用の対策本を一通り読みました。面接試験では、産業政策に関わる公的機関でしたので、診断士試験で学んだ知識や考え方が質疑応答の中でも役に立ったと思います。

6.転職活動を終えて

 私は、民間企業(経営企画部門)1社と公的機関1社から内定を頂き、いろいろと考えた結果、公的機関に転職しました。公的機関では政策立案部門に配属された後、現在は管理部門で仕事をしており、採用業務に携わることもあります。
 採用側からみたとき、診断士の合格や取得は間違いなくプラスポイントになっています。ただし、入社への熱意や組織に合う人柄かどうかという点も大きなポイントなので、それを念頭において、診断士についてもアピールできると良いかと思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

コンサル案件最大級!転職エージェントサイト

ランキング記事1

ページ上部へ戻る