中小企業診断士が銀行や信用金庫に転職できる?有利になる?

中小企業診断士が銀行や信用金庫に転職できる?有利になる?

スポンサードリンク

銀行や信用金庫などの金融機関は、行員に資格を取らせることに非常に熱心です。業務に直結した資格はもちろんですが、中小企業診断士、行政書士、税理士、社会保険労務士、不動産鑑定士、ファイナンシャルプランナーなど、色々な資格を取得している人がいます。そこで、今回は中小企業診断士ホルダーは銀行への転職で評価されるのか?有利になるのか?というテーマでご紹介致します。

銀行の融資業務と中小企業診断士

銀行の融資業務は、中小企業の財務諸という定量的なデータと、企業内外部の環境と言った定性的なデータを理解し、この企業ならいくらまでお金を貸す事ができるのか、また経営にアドバイスを行うことで、経営改善を進めビジョンを描かせる事で、貸出金額を増やすことはできないか?という事を考えたうえで融資を行う業務です。

そのため、単にお金を貸すとい銀行の視点だけではなく、経営者視点に立って考える知識やスキルが身につく中小企業診断士の資格は、銀行で活かす場面の多い資格です。
金融機関では費用を負担して、中小企業大学校に行員を1年間派遣してまで資格を取得させたりしているぐらい有用な資格です。
このような業界ですので、銀行などの金融機関に転職したい場合、中小企業診断士の資格を持っているということは、一定のアドバンテージになることは間違いありません。

転職は簡単か?

さすがに中小企業診断士の資格を持っていることだけで採用されるような甘いものではありません。

スポンサードリンク

しかし、上記でお伝えした通り、中小企業診断士を勉強することで得られる幅の広い知識や、合格するのに1000時間以上は必要とされる難易度の高い国家資格を取得したことは確実に評価されます。
特に地方銀行や信用金庫への転職ではその評価が顕著です。
というのは、地方銀行や信用金庫が力を入れている中小企業リテール業務(中小企業などの顧客を対象とした小口の業務)では、融資資金を貸し付けるだけでなく、経営状況を的確に把握して、問題があるならば、それらを解消できるように指導したり、アドバイスを行う必要があり、これらを行うには中小企業診断士としての知識や能力が多いに役立つからです。

 金融機関は、仕事に対する正確性や対外的な信頼性が強く求められる仕事なので、難易度の高い国家資格を保有していることは、それだけでアピールポイントになりますし、業務に活かすことのできる中小企業診断士という資格は、特に有用です。中小企業診断士であることや、資格を取得するのに学んだ知識や磨くことができたスキルを、業務にどう活かすかをしっかりイメージして、転職活動に臨んで下さい。

銀行・信用金庫・金融機関に転職する方法

一般に銀行や信用金庫などの金融機関が未経験者の中途採用を募集していないという事はご存知でしょうか?
採用欄を見ても、ほとんどは経験者採用のみかと思います。

しかし、転職エージェントを活用する事で、未経験者であっても金融機関への転職の道が開かれる場合があります。
本気で転職をしたいなら、金融機関出身の転職エージェントや実績のある転職エージェントサイトを活用する事が望ましいでしょう。
下記では、金融機関へ転職したい方にオススメの転職エージェントをご紹介しております。実際に転職をしようとおもってから転職をするまで半年から1年はかかるといわれておりますので、登録やエージェントとの面談
だけでも先にしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

コンサル案件最大級!転職エージェントサイト

ランキング記事1

ページ上部へ戻る