中小企業診断士の主な転職先や強みが活かせる業界は?

中小企業診断士の主な転職先や強みが活かせる業界は?

スポンサードリンク

2016年1月12日の日本経済新聞の朝刊に、ビジネスパーソンを対象にした新たに取得したい資格ランキングの第1位が中小企業診断士であったという記事が出ていました。
その他の上位には、TOEICや簿記検定など、実用性の高い資格が多く入った中、大健闘と言えるでしょう。
 
これほど現場では評価の高まっている中小企業診断士ですから、転職を考えている人には、資格ホルダーであることが大きな武器になります。
実際、中小企業診断士を目指す人の中には、自分のキャリアアップのために転職を考えており、そのための手段の1つとして資格を取ろうと考えている人も多いですし、私の知っている中小企業診断士が何人も華麗なる転職を実現し、キャリアアップを達成しています。

スポンサードリンク

中小企業診断士はどんな業界や職種に転職できる?

 では、転職という観点で考えた場合、中小企業診断士の主な転職先はどういう業界や職種なのでしょうか?
 これは、なかなか回答の難しい質問です。
中小企業診断士の転職先は、公的機関や民間企業、業界や業種を問わないというのが実情です。
当然、中小企業診断士は、経営コンサルタントとして唯一の国家資格であることから、(中小企業向けコンサルタントを行っている)コンサルタント業界や、業務にコンサルティングの要素が必要になる業種、たとえば、システム業界や金融業界などへの転職が考えられます。
 
しかし、実際のところ、中小企業診断士は様々な業界から引く手あまたで、業界や業種を問いません。というのも、中小企業診断士は、経済学、財務・会計、経営理論、マーケティング、運営管理、法務、情報システムなど、ビジネスに必要となる知識を幅広く学び、経営視点でものを考えることができる人材であり、あらゆる企業が求める人材像に被ります。私の周りを見ていても、中小企業診断士には、仕事ができる人が多いですし、そのような人は、長くその仕事をしているから優秀というわけでなく、「好奇心が強い」、「学ぶことに貪欲である」、「理解力がある」、「コミュニケーション力が高い」など、どんな仕事でもできるだろうなと思える人が多いです。
 中小企業診断士になって転職をしようと思うなら、前職とのかねあいは当然考える必要はありますが、自信を持って自分の転職したい会社ややってみたい職種を選びましょう。
道は開けます。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

コンサル案件最大級!転職エージェントサイト

ランキング記事1

ページ上部へ戻る