中小企業診断士業務が未経験でも転職できる?

中小企業診断士業務が未経験でも転職できる?

スポンサードリンク

中小企業診断士を目指す理由のひとつに「転職するため」という人がいますが、資格を取ったからと言って、中小企業診断士の業務未経験でも転職することができるのでしょうか?

質問への回答は「Yes」ですが、よく聞かれる質問なので、私(中小企業診断士)の意見を紹介します。

そもそも中小企業診断士ってどんな仕事だっけ?

まず、中小企業診断士というのがどのような資格なのか、ですが、中小企業診断士というのは、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録する国家資格であり、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。
経営コンサルタントとして唯一の国家資格であることから、「日本版MBA」と言われることもあります。
 こんな説明をしてしまうと、「業務未経験でコンサルなんてできるわけない!!」と思われてしまうかもしれませんが、中小企業診断士の仕事内容の特殊性から、中小企業診断士としての業務経験はさほど重要ではなく、転職する際の要素になりにくいのです。
 中小企業診断士は、いわゆる独占業務がない代わりに、何をしてもいい仕事です。たとえば、税理士などは、独占業務として、㈰税務代理、㈪税務書類の作成、㈫税務相談という独占業務がある分、ほとんどの税理士は、それらの業務で生計を立てています。そうなると、経験が多ければ多いほど、業務遂行力が高いという推測がある程度成り立ちますが、中小企業診断士の世界は全く違うわけです。

具体的な中小企業診断士の業務内容

 たとえば、中小企業診断士の業務としては、企業や個人に対する経営診断・指導を行うコンサルティング活動、雑誌などへの原稿執筆、講演や講師活動がありますが、これらは、中小企業診断士になるために勉強する基本的な知識さえ持っていれば、問われるのは、中小企業診断士になる前にしていた仕事の経験であったり、センスが重要になってきます。 経営上の悩みを抱えている企業や起業したいと考えている個人の相談内容というのは、それこそ千差万別ですし、時代によって大きく変わります。それに対する対応力やキャッチアップ力が重要であり、それは中小企業診断士の業務経験の多寡で測れるものではありません。
 
このように書いてしまうと、中小企業診断士の資格を取得する意味がないのでは…と心配になった人がいるかもしれませんが、そんなことはないので、安心して下さい!!中小企業診断士という資格は、合格するのに最低でも1000時間以上の勉強が必要と言われ、合格するのに2年以上勉強する人がたくさんいる資格です。一次試験では、とても幅の広い科目を勉強しますし、二次試験では、仕事をするのに重要な力(読む力、理解する力、書く力、ロジカルシンキング)が磨かれます。中小企業診断士という資格を持っているということは、一定の知識やスキル、コツコツとやり抜く忍耐強さを備えいているという証になるので、中小企業診断士ホルダーであることは、転職活動に大きなアドバンテージにな
るのです。

スポンサードリンク

中小企業診断士が登録すべき転職エージェントサイト

第1位 コンサル求人&ハイクラス求人業界最多!総合転職エージェントワークポート



ワークポーとは、中小企業診断士が活躍できるコンサルティング会社、管理職や幹部候補、会計やマーケティングの専門職といった求人紹介の多い転職エージェントサービスです。
大手企業への転職はもちろんですが、中小企業やベンチャー企業の管理職、経営企画として活躍したい中小企業診断士も多いはず。ワークポートが紹介する求人は、中小企業診断士の能力を発揮できる企業や職種であふれています。
また、年収1000万円以上の案件も多数ありますので、まずは自分にあった企業の紹介や転職のフロー等をエージェントにご相談する事をお勧め致します。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

コンサル案件最大級!転職エージェントサイト

ランキング記事1

ページ上部へ戻る