【診断士2次対策】1日5分!電車内で国語(要約)力を鍛える日経新聞春秋要約

【診断士2次対策】1日5分!電車内で国語力を鍛える日経春秋要約

スポンサードリンク

中小企業診断士の2次試験は論理的思考能力に加え、短時間で与件文の文章を理解し要約する能力が求められます。

問題によっては与件文を要約し記述するだけで、設問の配点の6割以上の点数を貰える場合もありますし、要約能力が高くなる事で、設問者の求める問いに素直に答えられるようになり、設問の意図を大きく外す(いわゆる事故)ことがなくなり、得点力が安定します。
診断士の2次試験は1次試験のように得意科目で大きく稼ぐというより、全科目で事故を起こさず無難な回答を出すことが重要であり、要約力の強化による得点の安定化のためには必須のスキルといえるでしょう。

そこで、中小企業診断士2次試験受験生にお勧めなのが、電車内で1日5分で要約力をできる日経新聞春秋(日経新聞春秋)の要約トレーニングです。

スポンサードリンク

たくさんの合格者達がブログやセミナーで「日経新聞の要約は効果があった」と伝えており、Twitterでも毎朝たくさんの人が要約文を投稿しております。
例えば、ハッシュタグ#sjdisで検索すれば、下記のようにたくさんの受験生の要約文が出てきますので、他人の要約文と比較し抜け漏れがないか、要点を捉えられているかなどを確認できます。


毎日日経新聞の春秋を確認し、Twitterでハッシュタグをつけて投稿してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

コンサル案件最大級!転職エージェントサイト

ランキング記事1

ページ上部へ戻る